ビルボウズHOT10! 2018年9月号(NO.83)*クリックしてstart

https://youtu.be/erc-k9mC2xc

ビルボウズHOT10は蟠龍寺スタジオで制作された曲、ヴェンタインレーベルのリリース曲、ゆかりのあるゲストの話題曲などチャートでお届けする私的ごり押しOKのHOT10。お寺の中だけにビル坊主、として40年余にも及ぶ歴史だけは長いチャート、、、(汗;;)


初めての方、よろしかったら1ページめへどうぞ!後は右上の「次のページ」ボタンCLICK。全部で9ページです。ventainのCDについてのご注文、お問合せはすべてお電話(03-3712-8882)かメール(ryuryu@netlaputa.ne.jp)です!何をどうしたらいいか分からない時はどちらかでとりあえずお問合せ下さい!やさしいお兄さんか、あったかい女子が応対いたします☆

ヴェンタイン界隈の人気作品をビルボウズHOT10チャートを動画でお届けしています!
ぜひYouTube動画でチャートをお楽しみください!

TOMOぴょんさんオリジナルのCD『eternity』の風友去コラム(下方)

愛読者の方は前号のページが残っている事があるので『再読み込み』して下さい!



*Billbouz HOT10 2018.08 HIT LINE UP*

動画が見られないときはMP3でどうぞ→MP3ファイル(3分/3MB)


BillbouzHOT10 2018年8月号(NO.82)


路傍のアナベル / TAKESHI& ケチャップスタンパーズ

CD『hitmaker』より、おなじみの1曲。



ちゃんちゃこ踊り / 谷山浩子

『風流るる里に』(幻のレコード)収録曲
9月22日には鑑賞会あり


リスペクト / vivian

LIVE『ヴェンタイン公開撮影LIVE会』より LIVE version
圧倒的な歌唱力を誇るvivianの渾身の1曲が話題!


小ゑん千一夜 / 柳家小ゑん

出囃子! vol.11に使用されたバージョンで。マニアックな人気を誇っています



Suyin / I'm Home +
アルバム『風を観る人』より 長塚ゆみ子さんが日本画家の祖父へのオマージュを作りました そのアルバムより今月は、、、


もちろん胸の中 石川真理子 
CDアルバム『スモールバード』収録 ventain VM-2012
弁天しあたイメージソング 今月はWEB CMのBGMより


ABE-KOBE / 森田学
LIVE『モガナリ』公開録画会でお披露目された1曲が話題に。 名和真さんの曲に森田学本人の詩(モガナリリックス)がつきました!


男の談話室EDテーマ / 森直希

談話室と言えばこの曲!フルで聴きたいというリクエストも(未CD化)



ふたり / 児島由美  デュエット:松代真

谷山浩子プロデュース&作詞作曲
『ネコじゃないモン!』より、名曲の誉れ高いデュエット曲



この街で / 新井満

愛媛県松山市の町おこしから始まった一曲
ジワジワと全国に広まり、いろんな街からリクエストが集まりました

*ヒットチャートの音源が必要な時はCD通販をご利用下さい。販売されてない音源が必要なときはお問合せ下さい、スタッフがとにかく何とかします!(^^;)。

*♪田口ユリちゃんが2018年4月28日ヴェンタイン2018春のライヴに復活お目見えしました!
待ってたかいがありましたね〜!動画もアップされましたのでぜひごらんください☆

https://youtu.be/79BgGs7f2zc 『抱きしめられたい』〜『My Sweet Road』LIVE映像


*YouTubeにて『田口ユリ』で検索するといろいろな動画がHitします。ぜひお楽しみ下さい!



菊池常利〜twuneページにて詳細!根強い人気のスタンダードなCDをお取扱中です!→www.koperniks.com/twune




https://youtu.be/pQrCpy5x74k

からくり時計音楽のCDアルバムはコチラ→からくり時計のページ



*CD+DVD=プレミアムシリーズはコチラ→DVDのページ 
*iTunes音楽配信にて楽曲が続々配信されています→iTunesのページ
このサイトはコペルニクスドットコム光の中にあります。お時間のある時に全容をお楽しみ下さい!
コペルニクス光(ヴェンタインいろいろご紹介/蟠龍寺スタジオにて録音制作された音楽)トップページはコチラ→

*最新更新日 2018年9月7日 (金曜日)
本社のホームページ→ヴェンタインレコードHomePage

 

The eternity SoundScapeというバンドの新作ミニアルバム・「組曲 eternity」。
この度,突然のリリース。トランペット奏者のトモぴょんを中心に武藤勇樹(ピアノ)佐藤忍(ベース)からなるアーティスト集団。なんとも素敵なサウンドの登場です。

アンニュイというか今時のミドルグレーなサウンドというか、梅雨空にぴったりのような、穏やかな休日の昼下がりというか。組曲と言いながらもさりげない仕上がりですね。
この一連の組曲はもともと、ある絵師さんの展覧会用に録音されたものだという。たしかにBGMとしても良いが、それ以上に存在感のある曲になっている。トランペットのトモぴょんが作曲、他のメンバーがアンサンブルでアレンジしているとのことだが、この心地よい揺らぎ感と緊張感がミックスしていて三人の距離感がとても不思議だ、トランペッターで作曲をするというのは、なかなか個性的な人物なのかな。なまえもトモぴょんだし人間的にも興味深いところだ。

もともと展覧会用に作曲された曲だけに、とてもビジュアル的だよね。ジャケットにも幾つか色合いの違うイメージが載っているけど、どれもイマジネーションが湧く感じだ。eternity=永遠と訳してもいいのかな。永遠の時間に身を委ねている感覚なのでしょうか。曲が終わった時にはっと目覚めるような….。しかし、いつ曲が終わったのだろう…..。という眩暈を感じる。

そしてヴェンタインレコードのマンスリーベスト10”ビルボーズ’に8位チャートイン。こちらもぜひ参照していただきたい。
そしてライブも気になるところ、トモぴょんのブログでスケジュールをチェック。https://ameblo.jp/1pyon2pyon/
トランペットのオリジナル曲のライブって、意外にないですからね。おそらくセンスの良い時間を共有できると思います。
この「組曲 eternity」。”寒いサルサ”をやりたかった、という。メンバーの後押しで寒いサルサが出来上がったということだ。この時期The eternity SoundScapeのサウンドで涼しもう。(7月6日リリース)

*当店は開店10周年めとなります たくさんのご愛顧ありがとうございます 再びご来店下さる方も一杯増えまして常連の皆様にも励ましを頂き、新しい方ともご縁が出来て本当に嬉しい限りです これからもせいいっぱいアーティストとの架け橋になれますよう活動してまいりますので宜しくお願いいたします!