初めての方、よろしかったら1ページめへどうぞ!後は右上の「次のページ」ボタンCLICK。全部で9ページです。ventainのCDについてのご注文、お問合せはすべてお電話(03-3712-8882)かメール(ryuryu@netlaputa.ne.jp)です!何をどうしたらいいか分からない時はどちらかでとりあえずお問合せ下さい!やさしいお兄さんか、あったかい女子が応対いたします☆

今号のビルボウズHITチャートもあいかわらずマニアチックに展開。ぜひ上のボードをクリックしてMP3ファイルをお聴き下さい☆(3分/3MB/別ウィンドウが開きます)
CLICK>>MP3ファイル

柳家小ゑんさんの新作CDが好調です!。新作落語ライヴシリーズもいよいよVol.8。おなじみ楽しみ風友去さんからコラムが届きました(下方)
愛読者の方は前号のページが残っている事があるので『再読み込み』して下さい!



HIT LINE UP*
神戸しごと歌(風流るる丘に) 谷山浩子&児島由美

インディーズ音源で、YAMAHA制作でありながらプロデューサーが吉田哲となっています。
NOKO(谷山)とNONO(児島)がひとことずつ交代交代で楽しそうに歌っています。なんとなく声が似ています。詳細調査中、、、!

『ぐつぐつ』の枕(千一夜Vol.8) 柳家小ゑん 
小ゑん千一夜Vol.8より
     
 
なしくずし的にリリースとなってしまったVol.8とVol.9です→柳家小ゑんCDのジャケット特集はコチラ

夜はいじわる 田口ユリ 
アルバム『YURISM Accessory』より

田口ユリ充実のセカンドアルバムより、田口ユリの代表作の1曲です。コチラで風さんコラムをどうぞ!

てくてくのページ


月からセイハロ ビアンコ洋平 
CDブック『放課後は宇宙へゆこう』テーマ歌

コミックのテーマ歌として、セルフカバーされた1曲。菊池常利さんとはまた違った魅力、作曲家本人のバージョンです。

企画のページ

ナマモノノカラダ  ハニーフラッシュ 
アルバム『タカノツメ』より

きりーくレーベル創設期の歌姫たち!販売終了したけど、ご要望あればすぐ作ります。
泣ける歌です!

自然観察の森〜秋    田中景子(ヴィオラ)

豊田市の博物館のために作られた映像音楽。ヴェンタインのイベントではここぞと大切な時のBGMとして流れています。どこかで聴いたことが、、、と思われた方もいるのでは?(参考作品)

楽しみは 新井満&ヴェンタイン合唱隊

文豪新井満さんが福井市橘曙覧記念文学館から委嘱されて作った作品。文学館で通販していますが、当サイトでも頒布出来ます。ミドリネコさんとロックなキミタクバンドが一緒です。10月にはポニキャンよりリリースとなりました。>橘曙覧記念文学館のサイトはコチラ

決別宣言 GINA


まだ未発表のNEW SONGながら、GINAの気持ちがひしひしと伝わるGOOD SONGとして話題。強力なリクエストがあり、PVも完成しました(10/1)→https://youtu.be/Ooy61W-TbQg

夢の国際交通情報 阿南京子

新譜『行きあたりバッタリ』に収録された交通情報(本当ではありません)ただいま絶賛発売中!→阿南京子のホームページ
踊り子J 森田学

ご存知森田学のアルバム『From us To You』から。この夏、界隈で一番人気の曲となりました。
森田学のCD情報ページ
  
*ヒットチャートの音源が必要な時はCD通販をご利用下さい。販売されてない音源が必要なときはお問合せ下さい、スタッフが何とかします(^^;)。

*只今♪田口ユリちゃん
は活動をお休み中、すぐにまた歌ってくれるそうなのでみんなでワクワク待っていようね!☆それまでYouTube動画を見たり、作品を聴いたりしていよう☆

*YouTubeにて『田口ユリ』で検索するといろいろな動画がHitします。ぜひお楽しみ下さい!


菊池常利〜twuneページにて詳細!→www.koperniks.com/twune


https://youtu.be/pQrCpy5x74k

*CD+DVD=プレミアムシリーズはコチラ→DVDのページ 
*iTunes音楽配信にて楽曲が続々配信されています→iTunesのページ
このサイトはコペルニクスドットコム光の中にあります。お時間のある時に全容をお楽しみ下さい!
コペルニクス光(ヴェンタインいろいろご紹介/蟠龍寺スタジオにて録音制作された音楽)トップページはコチラ→
*最新更新日 2017年10月2日 (月曜日)
本社のホームページ→ヴェンタインレコードHomePage
 最近、落語が大変なブームのようである。寄席や演芸ホールも連日大盛況のようだ。ライブハウスなどでも企画されることも多く、大変喜ばしいことである。そんななか柳家小ゑんのCDが立て続けにリリース。”小ゑん千夜一夜Vol.8~ぐつぐつ、牡丹灯籠。である。なんとこのシリーズVol.8。快挙ですね。最近でこそ落語全体のCDのセールスも好調のようだがCDをリリースし始めたのは柳家小ゑんが先鞭をつけたともいえる。

 今回のぐつぐつは柳家小ゑんの代表作でもある。小ゑん書き下ろしの傑作である。円丈や上方の落語家から二つ目まで、数多くの噺家が演じているという。1980年代に書き下ろされたのであるが収録は2016年の5月であるから、かなりこなれているというか円熟の芸が収められている。しかしこのような題材を新作で披露するというのは、なかなのセンスの持ち主なのでしょう。
 もう一編収録は"牡丹灯籠 42.195km"は小ゑん90年代創作された小ゑんの初怪談である。得意とする伝統芸に最新情報など織り交ぜた快作である。しかしタイトルからしてわけのわからない感じですよね....。しかし聞いてみるとヨーク解ります。まるでカレイドスコープの筒をのぞく前の感じです。なにが見えるのだろう?なんにも見えなかったどうしよう?ってね。だって”ぐつぐつ”ですからね。タイトルだけならブラックボックスです。しかしすぐにめくるめく小ゑんワールドが即繰り広げられるのでご安心を。

 JAZZに名曲なし、名演奏あるのみ。などといわれるが。CDの2編と。もちろん名作であるとともにまさしく名演奏であるといえよう。JAZZといえば今回もジャケットのパロディがおしゃれです。ビル・エバンス・トリオ/ワルツ・フォー・デビイのジャケパロ。もとは女性のシュルエットであるが。林家正楽さんの紙切りによる小ゑんのシュルエットもなんとなく悩ましい(笑)ではないか。おでん持っているけど。これから秋の夜長にぴったりの一作である。
koen

*当店は開店9周年めとなります たくさんのご愛顧ありがとうございます 再びご来店下さる方も一杯増えまして常連の皆様にも励ましを頂き、新しい方ともご縁が出来て本当に嬉しい限りです これからもせいいっぱいアーティストとの架け橋になれますよう活動してまいりますので宜しくお願いいたします!