ビルボウズHOT10! 前月集計分*クリックしてstart

https://youtu.be/rq38ckGiAn8


ビルボウズHOT10は蟠龍寺スタジオで制作された曲、ヴェンタインレーベルのリリース曲、ゆかりのあるゲストの話題曲などチャートでお届けする私的ごり押しOKのHOT10。お寺の中だけにビル坊主、として40年余にも及ぶ。歴史だけは長〜いチャート…(汗;;)

2020年10月号総評>>
豊潤の秋。横浜アリーナでついにLA-LA Deuxが、、、当然、ついに、とうとう、No.1にランクIN。インストがなぜか善戦した今号、その中に女性陣の懐かしアーティストであるミキコアラマータやジョネッツの顔ぶれにも注目のリバイバル・リクエストが集中。さらに菅首相も愛聴のアイヌ民族・象徴空間ソング『イランカラプテ』は見事。(by 三木沢)

 


初めての方、よろしかったら1ページめへどうぞ!後は右上の「次のページ」ボタンCLICK。全部で9ページです。ventainのCDについてのご注文、お問合せはすべてお電話(03-3712-8882)かメール (ryuryu@netlaputa.ne.jp)です!

何をどうしたらいいか分からない時はどちらかでとりあえずお問合せ下さい!やさしいお兄さんか、あったかい女子が応対いたします☆

『お家でCD聞こう』と想われたら、ぜひこの期間にヴェンタインCDショップをご利用ください!

田口ユリCDお取扱のページはこちらです→テレビの歌レディヴェン田口ユリご紹介ページ



NewCDを風友去コラムでご紹介しています(ここをクリックして下方へ)


愛読者の方は前号のページが残っている事があるので『再読み込み』して下さい!




サイトでご紹介していないventain謹製CD&DVDもありますのでお問合せください。


*Billbouz HOT10 HIT LINE UP*

ヴェンタイン界隈の人気作品をビルボウズHOT10チャートを時々動画でお届けしています!
けして人気順とかではありませんが、いろんなワケあっての話題の曲たちです。ぜひYouTube動画でチャートをお楽しみください!


BillbouzHOT10 2020年10月号(NO.96)

Blood of Dracula's Castle / マッドモンゴルズ

名古屋で結成されたサイコでロカビリーなバンド。サイコビリーサウンドは、ドラキュラの生まれ故郷であるヨーロッパではかなりの人気。中村俊夫プロデューサーの元、蟠龍寺スタジオで制作された懐かしの一曲。


カゼマチのテーマ / カゼマチバンド

建築家たちによるポップバンド。今回のチャートインは組織票というウワサもあり。10月15日にオンラインによるリモートLIVE有り。なんだかメンバーが増え続けております。


僕はまだこの町を知らない /  Vivian&MotoG

番組『歌ってみよっか』でご一緒しているモトジーが作った曲にクスちゃんにあてこみ詩をしてビビアンが歌いました。都会に生きるミュージシャンがモチーフです。



駅前食堂の旅 / The C-52's

鉄道番組の音楽を専門に行っているユニット。ヴェンタインの顔ぶれが番組ごとに集まる拡大ユニット。この曲はNHKワンセグの番組で、Azsa君のバンジョーをフィーチャー。



ゴミ箱にダイブ / MIKIKO A-LA-MATA

みずみずしい情感で歌うミキコのファーストアルバムから、お家でLIVEで話題をさらった歌。レディースオブヴェンタインとしてKANAN、田口ユリらとご一緒でした。


サヨナラの帽子 / 森田 学

ただいまメイキングがYouTube動画アップされている新曲。ヨッシーRのメロディが光ります。森田学は歌手だったり役者だったり、10月は奈良城跡で役者として舞台に立っています。



シャガールの赤 セザンヌの黒  / ジョネッツ

宝島社にご縁が深く、宝島アイドル探偵団で『平成の裏アイドル』というキャッチフレーズをつけて頂いたジョネッツ。スリーピースガールユニットは今もソロで活動中。


Oklahoma Stomp / MZM presents

カントリーを支えてきた強者3人によるユニット、MZM。今回はレパートリーの中からインストのこの曲に人気が集まりました。軽快な味は秀逸で、なかなか誰でも出せるものではありません。



イランカラプテ / 秋辺デボ

今年は民族共生象徴空間の元年。北海道白老町には『ウポポ館』が開館。筆頭の菅官房長官は総理大臣に昇格後も
アイヌ文様のマスクで頑張っています。ただいま内閣府のイメージソングとしてイベントでも使われています。



Photograph / LA-LA Deux(吉川正巳&菊池常利)

長きに渡ってファンが切望していたLA-LA Deux復活が横浜アリーナで叶いました。デビューから応援してきたかた、新しいファンのかた、そして親子二代の方々のエール。沢山のリクエストで文句なしのNO.1ゲットはREMIX収録曲。

*ヒットチャートの音源が必要な時はCD通販をご利用下さい。販売されてない音源が必要なときはお問合せ下さい、スタッフがとにかく何とかします!(^^;)。
リクエストはryuryu@netlaputa.ne.jp メールやSNSコメント、逢ったときに推しの曲1票などでも構いません、ぜひお願いいたします!

NEWリリース>>

『てんとせん』
山本容子&本間修治
Mash Music / ventain recordsで
iTunes配信もスタート!標準プラケース 5月2日にリリースされた渾身のインスト集。心休まるあたたかさが、ストレートに届きます。1曲オリジナル、シュージーの歌も魅力的。Smile/G線上のアリア/カノン/オブリビオン(ピアソラの曲)など。
1,500円(税込) MashMusicMS-0006

『Many』
雅月
長年に渡り映画音楽/TV番組BGM/CF曲など、幅広く作曲演奏してきた雅月による未使用曲・新録・リマスターなどを集めた楽曲集。雅月の琴を中心に、仲間とレコーディングした、ニューエイジ/ジャズ&フュージョン・テイストが冴え渡る12曲。KAFとのトランス『六段の調』も。(by永井研) 1,500円(税込)マキシケース2P ventain VJMW-2004

『More』
雅月
雅月による楽曲集第2集。雅月のシンセ&AKAIサンプラーを中心に、タブラをフィーチャーしたエスニックサウンドや雅月の神秘的な歌声に癒やされるM1&M3など、第1集『Many』とは異なる雅月サウンドのもう一つの頂点である6曲。(by永井研)
1,500円(税込)マキシケース2P ventain VJMW-2005

*最新更新日 2020年10月10日 (土曜日)
当社のホームページ→ヴェンタインレコードHomePage

 
   

菊池常利のバラードのベストアルバムのリリース。LA-LA Dueux時代からソロまでのバラード集その名も”ツネバラ”なんとわかりやすいタイトルだ。
=15万件のありがとう=菊池常利展を蟠龍寺スタジオにて開催、コロナ自粛対策のため、実際の展示会場には展覧目的での訪問は出来ないのが残念だが、その前提でWebでしっかりと楽しめるようになっている。
https://youtu.be/cGhQ2wloxF0
まさにツネグラフティ、みなさんご存知かと思う。こっちは”ツネグラ”ですね。

アルバムは8曲入り。1990に結成されたLA-LA Dueuxから3曲。たしかに90年代サウンドだが今改めて聞いてみるとなんとも新鮮で、逆に新しい感じがする。LA-LA Dueuxの相棒である吉川氏も20年早かったと語っているように、ようやく今追いついたのかもしれない。バンドは時にマジックを起こす。ソロからもおなじみの曲が勢ぞろい、こうやってバラードだけ集めてみると菊池の人柄がにじみ出てくる感じでグッとくるところ満載である。とっても優しいヤツなんだね。
菊池の最近の活動も充実しているようだ。コロナの中でのリモート配信楽天ライバー生配信のオシャベリでは1000人の参加もあったそう、大盛況で成功を収めている。軽さと優しさのバランスが絶妙ですね、まさにお人柄。安全に楽しめる無観客展覧会を含めたツネワールド、”ツネワル”は秋まで楽しめると思います。人気も上がって円熟期を迎えた菊池のこれからどこへ向かうのか。熱い気持ちを、さらにアツく大人の魅力を伝えていただきたい。ぜひ今一番新しい作品が待たれるアーティストだ。



*当店は開店12年めとなります たくさんのご愛顧ありがとうございます 何度もご来店下さる愛好者様も一杯増え、常連の皆様にも励ましを頂き、新しい方ともご縁が出来て本当に嬉しい限りです これからもせいいっぱいアーティストとの架け橋になれますよう活動してまいりますので宜しくお願いいたします!