ビルボウズHOT10! 前月集計分(NO.92)*クリックしてstart

https://youtu.be/MCTEOoIuP6U


ビルボウズHOT10は蟠龍寺スタジオで制作された曲、ヴェンタインレーベルのリリース曲、ゆかりのあるゲストの話題曲などチャートでお届けする私的ごり押しOKのHOT10。お寺の中だけにビル坊主、として40年余にも及ぶ。歴史だけは長〜いチャート…(汗;;)



初めての方、よろしかったら1ページめへどうぞ!後は右上の「次のページ」ボタンCLICK。全部で9ページです。ventainのCDについてのご注文、お問合せはすべてお電話(03-3712-8882)かメール
(ryuryu@netlaputa.ne.jp)です!
何をどうしたらいいか分からない時はどちらかでとりあえずお問合せ下さい!やさしいお兄さんか、あったかい女子が応対いたします☆

ヴェンタイン界隈の人気作品をビルボウズHOT10チャートを動画でお届けしています!
けして人気順とかではありませんが、いろんなワケあっての話題の曲たちです。ぜひYouTube動画でチャートをお楽しみください!

KAFの新しい音楽配信、待たれていた世界同時配信です。風友去コラムでご紹介しています(下方)


愛読者の方は前号のページが残っている事があるので『再読み込み』して下さい!



*Billbouz HOT10 HIT LINE UP*


BillbouzHOT10 2020年2月号 前月集計分(NO.92)

I'm Home+ /Vソング 『風を観る人』ventainより

シンガーのYumikoさんの祖父・大亦観風氏は『令和』の元となった万葉集の絵を描き綴った大家として時の人。このCDはそんな観風の世界観をジャージーなサウンドで表現しています。お正月にリクエストが集まりました。



池間史規 / 春はくるから 同名アルバム収録

インディーズレーベルの移籍、、、、という斬新な転身を遂げた池間史規さん。ベース奏者でもある彼の真髄と言われているこの歌は私たちの心を打ってやみません。追悼の意を込めたメールにお答えしました。


Vivian / ESSEサウンドロゴ (フジテレビ/扶桑社)

ソウルフルな歌唱力のあるVivianが、サラリとこなしているサウンドロゴ。隠れた名作と言えるかもしれません。作曲は小泉まさみさん。




パンチョ朝来野 / All My Ex's LiveIn Tx.

弁天しあたでのLIVE音源より。MZMカントリーでおなじみの面々が奏でています。パンチョさんのやさしいお人柄と共に、皆さんにとても評判の良かったLIVEでした。



雅月&KAF / 六段の調

箏曲を演奏する者はまちがいなく通る江戸時代・八橋検校の名作。いわゆる段ものと呼ばれる変奏曲はトランスにもってこい、とばかりにKAFがテクノに大胆アレンジしました。正統派のインストが話題で近々配信も。


菊池常利 / ラストソング ventain VJTW-1308

TWUNEさんの息子への想いがギュッと詰まったアルバムには、ボーナストラックとしてLA-LA Deuxの相方と一緒の曲が収録されています。デュオのTWUNEさんの伸びやかな歌声に、バディの安心感が感じられます。



EMO Tribe / Peanuts Man

平井景さんと島田奈央子さんのプロデュースによる江本翔さん(PIANO)の渾身のソロアルバム。千葉県出身のEMOさんにとって『ピーナッツ』とは愛すべき存在のようです。


谷山浩子 / ちゃんちゃこ踊り 蟠龍寺スタジオ&YAMAHA
『風流るる里に』(兵庫しごと歌/ラジオ関西企画)より
根強い人気を誇る、谷山浩子さんのもうひとつの活動から。今や現存していないアルバムだけにマスター音源の発掘は貴重です。



カゼマチバンド / HAL  ventain VJKB-2002

今月リリースの、建築関係者による組合会員が結成したバンド『カゼマチバンド』。それぞれ遠方から達者な楽器を持ち寄っての活動にたくさんの応援が集まりました。




ナヲキ・モリ(森直希) / Our Big Story〜僕たちの大きな物語

3月にリリース予定のナヲキモリの代表曲の1つ。ヴェンタインでは『男の談話室』のEDテーマとして20年に渡って愛されてきました。タイトルをつけたのはごく最近でした。写真はおそらく彼の、人前で歌った最後のライヴから。

*ヒットチャートの音源が必要な時はCD通販をご利用下さい。販売されてない音源が必要なときはお問合せ下さい、スタッフがとにかく何とかします!(^^;)。
リクエストはryuryu@netlaputa.ne.jp メールやSNSコメント、逢ったときに押しの曲に1票などでも構いません、ぜひお願いいたします



*YouTubeにて『田口ユリ、ヴェンタイン』で検索するといろいろな動画がHitします。ぜひお楽しみ下さい!



菊池常利〜twuneページにて詳細!根強い人気のスタンダードなCDをお取扱中です!→www.koperniks.com/twune




https://youtu.be/pQrCpy5x74k

からくり時計音楽のCDアルバム詳細はコチラ!児島由美のCDと、小泉まさみのCDがあります→からくり時計のページ



*新井満さんの『いのちのバトン』『石鎚山』『イランカラプテ』など最近のCDを各種お取扱しています(ご本人の歌唱のもの中心です)。ぜひご活用ください。(1枚1,500円/税込、マキシケースのハンドメイドです)

*CD+DVD=プレミアムシリーズはコチラ→DVDのページ 
*iTunes音楽配信にて楽曲が続々配信されています→iTunesのページ
このサイトはコペルニクスドットコム光の中にあります。お時間のある時に全容をお楽しみ下さい!
コペルニクス光(ヴェンタインいろいろご紹介/蟠龍寺スタジオにて録音制作された音楽)トップページはコチラ→

*最新更新日 2020年2月4日 (火曜日)
当社のホームページ→ヴェンタインレコードHomePage

 
   

KAFの15年ぶりの新譜、"Gangaliture Soul”が発表された。ヴェンタインレコードとしては初めてのパッケージなしでのリリースだ。この場合パッケージとはCDのことを指します。私もリリースの基本はCD発売だと思っている、けじめがつくからね。そしてCD発売とともにレコ発ライブなどやって、が正当な音楽活動だと。CDなのに未だレコ発ってのも面白いけど。とにかくパッケージなしの音楽配信のみでのリリースとなりました。イマドキといえばイマドキ、我々の世代としは手抜きの様にも感じる。そう、それでいいのか???

KAFのサウンドは『Lush pop music with technology duo KAF』とあるように、ジャンルとしてはテクノポップ〜チルアウト。いまさらテクノかと思うが。もうなにもかもイマサラという感もある。とにかく流行は繰り返され、すでにすべてのスタイルが2から3巡目くらいになっているのだ。

アナログレコードも重量タイプの再リリースで3巡目の流行でしょう、カセットテープの復活は2巡目、80年代は3巡目を通り越してスタンダードになりつつある。その昔映画バック・トウ•ザ・フューチャーで未来では80年代カフェが流行っている設定があったが。80年代当時私はそれはないと思ったが、しっかりハズレた。CDは2回目の衰退かなと、思う。

いまは音楽配信がもてはやされているが先々CDってよかったよね、という感じが来るかもしれない。KAFも出しときゃよかったと思うかもしれないし、CDを出さなかったことで何順目かのCDのハヤリが来ることを歓迎するかもしれない。過去と未来がごっちゃになっている世界も楽しや。ですね。
世界中の配信サイトで聞けます、入り口はこちらから。
http://www.kafco.info/kaf/ 

(当iTunesページでもご案内中) 

*当店は開店12年めとなります たくさんのご愛顧ありがとうございます 再びご来店下さる方も一杯増えまして常連の皆様にも励ましを頂き、新しい方ともご縁が出来て本当に嬉しい限りです これからもせいいっぱいアーティストとの架け橋になれますよう活動してまいりますので宜しくお願いいたします!