6月のLIVEショット「森下昇&フレンズ」(2019年6月11日撮影)








アーカイヴ:その前月である5月のLIVE。日本のカントリー草分けミュージシャンである、レジェンドギタリストの野口武義さんが数年ぶりにおみえになり、じっくりと耳をそばだてつつも、手拍子もされながら後輩たちにエールを送られていました。(2019年5月15日撮影)



譜面を覗きこむバックメンバーを横目に見つつ、森下昇さんは、"いよいよ、高齢者バンドのようになってきて、、"と笑いながらも、いつもの張りのある声で赤坂の一夜を包まれました。
帰り際のレジェンドとのツーショットも素敵な笑顔のお二人でした。



『森下昇&フレンズ』次回ライヴ〜只今毎月の開催


6月のLIVEは、、、 6月11日(火曜日)赤坂ステージ1

7月のLIVEは、、、 7月9日(火曜日)赤坂ステージ1

以降の日程も決定しました!

8
月のLIVEは、、、 8月24日(土)
9月のLIVEは、、、 9月17日(火)
10月のLIVEは、、、10月22日(火)  こうご期待!

場所:赤坂ステージ1(アクセスはこちら
6:00〜オープン
7:00〜ライヴの予定

です ぜひご予定下さい!






「ピッキン・クラブ」とは、カントリー音楽に欠かせない楽器”Steel Guitar=スティールギター”を弾く会のこと。

この会の主宰者はレジェンドギタリストの野口武義さん、初代会長です。

1997年、発足当時はプロ、セミプロのSG奏者からのスタートでしたが、プロアマ問わずこの楽器の普及に努めた結果、今の流れに繋がっています。北は青森から南は鹿児島までのSGをこよなく愛する人々の賛同を得て成長されてきました。

MZMのSG奏者尾附Fさんも会長職を歴任され、職を退かれた今も会の運営を牽引されています。マイク・ダン、松本亮さんも時折サポートに参加することも…。各地域でのイベントにはプロ奏者、プロシンガーを迎えてその技に磨きをかけています。

野口さんは、〜Steel Guitarという楽器を媒体にし、あらゆるジャンルの音楽と出会い、それを愛する人との交流の輪を広げていく~そんな会に育てていきたい〜とクラブ広報誌に書かれていました。
2017年20周年を迎えたということで、1年をかけて各地でイベントが開催されました。

会の発展と20年の歩みへの感謝をこめて、初回の名古屋アルマジロでの映像に中心に、サポートされた方々の映像をお届けいたします。
共に会の発足に尽力された石田新太郎さんの“手元をよく撮影しなさい”との言葉に背中を押されながら、、一人でも多くのSG奏者の方々に見ていただければと思います(by ルスナ)




https://youtu.be/spwDEYNsxTI



最新更新日: 2019年06月13日 (木曜日) 7:46 pm

presents by ルスナグレイネ企画 メールは
こちらをクリックして下さい
lus_na_greine_kikaku@yahoo.co.jp