The C-52's
(シーゴジュウニ)(シゴニー)
===============
The C-52'sは、主に鉄道音楽を得意とするユニットである。

幻のSL、C52と、敬愛するアメリカのテクノポップバンド「The B-52's」のもじりから名付けられた。

2009年3月27日に、NHK-BS1ではじまった「にっぽん木造駅舎の旅」のテーマ曲を担当、この日が実質的なデビュー日となった。
作曲家集団のコペルニクスを母体として、その時々の必要に応じた楽器編成やメンバーが集結される。

また
2009年8月15日NHK(終戦記念特別番組)「ふるさとの駅に思いを寄せて」には大井川鉄道の田野口駅にて演奏風景で出演した。
同10月10日の鉄道フェスティバルには日比谷公園音楽堂に出演、自己のオリジナルソングと共に鉄道音楽を披露し好評を博した。この模様は番組「関口知宏 旅を語る」としてワンセグ2で生中継された。

その後、形を変えながら2015年の現在も、鉄道の映像のための音楽をコツコツと制作している。

代表曲
「待合室」(木造駅舎・テーマ曲)
「終着駅」(木造駅舎・ED曲)
「始発駅」(木造駅舎・挿入曲)
「駅前食堂」(ワンセグ・テーマ曲)
「昭和のSL映像館」(番組音楽制作)

2015年3月8日、NHK WORLDにてスタートの「Japan Railway Journal」でも音楽担当、ユニットにはピアノの松浦ミドリネコ、fixsodiaのMaxiが加わっている。(3/11NHK-BS1で日本語版が放送)以後およそ月1のペースでオンエアしてゆきます☆

3月8日(日)よりNHK国際向け鉄道番組
「Japan Railway Journal」がスタート
The C-52'sが音楽を担当しています

日本ではパソコン、スマホ(無料アプリあり)で観られます
NHK WORLDのホームページの動画(英語版)
http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/
*オンエア時間にホームページを開いて右上の動画△をクリックします

またオンネット後の数日後にはNHK-BS1でTV放映
日本語版のオンエアがあります 
ヴェンタインレコードのホームページTOPで随時お伝えしています
http://www.netlaputa.ne.jp/~ventain/
今回のメンバーには松浦ミドリネコさん、fisxsodiaのMaxiさんが
参加しています!


====『待合室』====
 


作曲:吉田哲(The C-52's)
演奏:田中景子(ヴィオラ)&The C-52's
客演:芝崎紘生(チェロ)




      








CD『待合室』
田中景子&The C52's「待合室」
1,000円(実費頒価)
NHK木造駅舎の旅
テーマ曲、BGM、エンドテーマ収録
メンバーの手作り

「待合室」曲アタマ試聴できます
MP3ファイル/40秒
(曲の確認用に聞けます)







田中景子CD「ヴィオラ日和」
1,200円
(通販価格)
かわいい紙パックとピクチャーCD
メンバーの手作り



NHK番組『街道てくてく旅』
〜四国八十八か所を行く
番組音楽(サウンドトラック)集
待合室と同じメンバーによる
CDアルバム
1,800円(通販価格)

送料200円
郵便局で安心の後払い
(振込料をご負担下さい/130円)

お気軽にお問い合わせ下さい
お問い合わせのメールは...

ryuryu@netlaputa.ne.jp



詳細CDショップのTVのページ






 
「にっぽん木造駅舎の旅」番組の紹介 (wikipedia)→

「NHK WORLD」のFacebookのページ→

NHK 「Japan Railway Journal」番組のページ→